FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武家屋敷

平成27年1月25日(日)


昨日は厄除けに行ってたんで、さあ今日は工房建築に取り掛かるぞと思ってたら、長女う~あが、「大川筋の武家屋敷に連れてって」と…。

学校の授業で見学に行ったものの、見学時間が短かったそうで、もっとちゃんと見たいとのこと。

そんなやる気を見せられると、お父さんとしては工房建築どころじゃなくなりました。

というわけで、う~あの同級生とそのお父さんと一緒に武家屋敷へGO!






元は上士であった手嶋家の武家屋敷で、明治以降は花岡家が病院を開業していたとか。作家の大原富枝さんも下宿していたようですが、下宿していた部屋があった敷地はずっと前にすでに売却されていて残っていないようです。

本格的な書院造りの母屋と立派な長屋門(屋敷の中に使用人や家臣を住まわせる長屋を建てていたが、その一部を屋敷の門として開いていたもの。屋敷の門と長屋がくっついたもの)が時代を感じさせます。

門をくぐると、



樹齢300年以上と言われるソテツの木があります。



母屋の脇を通り、古井戸の奥には資料館。












母屋に入ってみると、













子どもたちも興味深く見て回り、管理人さんのお話をメモったりしてました。

武家屋敷だけあって、いろんな工夫がありました。

玄関入ってすぐに2畳ほどの部屋があり、客を吟味してたとか、その部屋は天井が低く、槍や刀を振り回せないようになってたり、安全な客と判断されて客間に通されると、家人は奥の部屋から来るようになっており、客を敬う意味もこめて、家人の部屋から客間に入るところはワザと低くしていて、必ず頭を下げるようになってたり。

武器をもった使用人を控えさせておく部屋もあり、客が変な素振りをすればすぐに飛び込んでこられるようにもなってました。

その他、武家屋敷だからというわけではないですが、長屋門の屋根をよく見ると、真ん中から左右で瓦の向きが逆になってました。これは、台風が多い土佐ならではの工夫で、同じ向きになっていると、一方からの風は受け流すけれども反対からの風を受け流せないので、もし瓦の被害があったとしても、半分だけですむようになっているとのこと。

当時、瓦は非常に貴重だったようです。


また、昔の道具なんかも展示されてました。








この武家屋敷、老朽化もあり、一時期取り壊しの話があったそうですが、有志の働きかけにより、平成8年から4億3千万円かけて改修されたとのこと。

その改修の際にカマドがキレイに作り直されたり、屋敷の梁や垂木なんかの構造材も傷みが激しい部分が切り取られ、新しい材を継いだりしています。



でもできるだけ元の形を再現するように、また、壊れていたところなんかも昔の文献等で忠実に再現しているようです。


子どもたちはあちこち見てメモを取ってました。こうやって歴史や昔の暮らし、生活の知恵なんかに興味を持ってもらえれば嬉しいです。

っていうか、大人2人のほうが職員さんの話に興味深々で楽しんでました^o^

興味ある方は入館無料ですので是非見に行ってみてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。