スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁面 その4 & 窓 その6

平成26年6月1日(日)


今日は長男ピィの幼稚園の日曜参観日でしたが、肝心のピィが発熱のためお休みf^_^;

でも、今日はPTA協力日も兼ねてたので、園の美化作業に参加してきました。

園庭の草引きや側溝の掃除など、1時間ちょっとでしたがとにかく暑かったです(^^;;


さて、今日の作業ですが、妻側(出入口側)の壁面に杉板を張りました。

平側同様、スターターの細材にアスファルトフェルトを巻いてステンレスのネジで壁面下地のコンパネに固定。



その上に、平側で使った杉板のカット後の余りを使って鎧張りしていきました。



妻側は軒下に今後棚を作ろうかなと思ってるので、杉板はここまでで上は下地のままです。

今後、行き当たりバッタリで施工していきます^o^

さて、杉板ですが、ここまでで使いきっちゃいました。

先日、30枚準備したからこれで足りるはず、なんて書いておきながら、実際には、今日張った妻側の右側ともう1面の平側分が足りません。

何をトチ狂って足りるなんて書いてたんでしょうね(/ _ ; )

結局半分しか準備できてなかったってことです。

ちなみに、もう1面の妻側は壁面を利用していろいろやりたいので、杉板鎧張りにはせずにフラットな壁面に仕上げる予定てます。


今日はもう一つ、窓枠に飾り(トリムボード)を付けました。



すべて杉の1×4材で、下側は1×4からカットして65mm幅にしてます。

下側は、窓枠の下側の斜めに傾けて取り付けてある材の下側に取り付け、横の1×4材が上から重なるようにしてます。

上側は横の1×4とツラが合うように窓枠に取り付けしました。

取り付けには下穴錐で下穴とダボ穴を一緒に開け、



埋木錐で木栓(ダボ)を作り、



下穴錐で開けた穴にネジをうった後、ダボ穴に木工用ボンドを入れ、埋木錐で作ったダボを叩き込み、アサリの無いノコギリでカット。





横側と下側のネジ穴をダボで埋めた後、上側にもう1枚、横側の1×4材からさらに横にはみ出すよう、また、角を45度にカットして取り付けました。



これもネジ穴をダボで隠してます。

隠した後で塗装しましたが、まだ少しダボ跡が目立つので、後日上塗りをすることに。

このトリムボード、窓枠と杉板の境目から雨水が入ってこないためと、見た目をよくするために付けました。


今日は最後に、平側と妻側の鎧張りの合わさるところ、つまり小屋の角の部分に、取り敢えず雨水侵入を防ぐためにアスファルトフェルトをタッカー留めして応急措置しました。



もうすぐ梅雨入りしそうなので、今度の週末は作業できるかなぁ…

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: わー窓!

ぢょん・でんばあさん、こんばんは。

お褒めいただきありがとうございます^o^

なんとかやっと窓をつけることができました。でも、相変わらずドアは仮のままですけどね(^^;;
白い窓がこげ茶の壁に映えて、色合いは結構キレイに見えて気に入ってます。実物の窓は写真ほどキレイじゃないですけどねf^_^;

梅雨入りしたのでこれから作業がはかどらないのが残念です。

わー窓!

こんにちは!

しばらくじっくり見ない間に、すごい進展ですね!

窓窓!窓がステキです。

子どもの頃お絵かきで、ドアはなくても「田の字」の窓は必ず描いていた、ねっから窓好きの私の心に訴える素敵な窓だわ。
来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。