スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根 その3

平成26年2月23日(日)


今日は屋根の続きです。

と、その前に、昨日の木材の反り矯正はどうなったでしょう。

恐る恐るクランプを外してみると…



う~ん、一番反りのひどいやつはやっぱりひどいまま。

でも、他のはほんの少し矯正されてる気がしました。

今回の反りは木端から見て「へ」の字になってますが、この向きの反りの矯正は簡単ではなさそうです。

ネットで見たのは、木口側から見て「へ」の字に反ってるのを矯正してました。それはキレイに矯正されてましたよ。


さて、今日は屋根の続きです。

昨日はシンプソン金具を裏表間違えて取り付けてしまい、慌てましたが、正しい向きはこちらです。



垂木を受ける部分が内側にきます。

その垂木となるツーバイ材を屋根の勾配に合わせてカットします。



デジタル式の角度計で確度を確認。写真見づらいですけど…。

5寸勾配の屋根なので、勾配は27度にしてあります。なので、垂木は斜辺の部分になるので頂点からは63度でカット。



こちら側が棟木に接します。

もう一方の端は直角にカットしました。

それをシンプソン金具に固定。

あ、棟木に取り付けたシンプソン金具(リッジラフターコネクター)、便利でした。

片側に取り付けると、棟木を挟んだもう一方は自動的に位置決めされるので、狂いがあまりありません。



棟木の金具に垂木を固定し、その後大桁
に取り付けてある金具に垂木を固定していきました。




垂木が付くと屋根らしくなりますね。



これはまだ途中ですが、建物らしくなりました。

ちなみに、屋根の両端の垂木はコーススレッドで棟木と大桁に直付けです。


垂木の取り付けが終わったので、次回は垂木の転び止めの取り付けと、壁面に合板を張っていく予定。

屋根に野地板として合板も張って、早く雨対策ができたらいいなと思ってます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:

ボルドーさん、コメントありがとうございます。
一週間かけてああしよう、こうしようって考えながら、週末にそれを実践してセルフビルドしてます。
実践後に失敗に気づいたり、ああしておけばよかったぁって後悔してますけど;^_^A
ボルドーさんのブログも拝見させていただいてます。いいもの作られてますね。
またかまわないときに覗いてください。

始めまして!ボルドーと申します
自分で工房を立てるって凄いですね!
楽しみに拝見させていただきます。
来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。