FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土台 その1

平成26年1月18日(土)


待ちに待った週末です。

工房建築本格始動ですよ(^o^)

今日はいろいろ用事がありながらも、土台作りに取り組みました。

普通なら、基礎の立ち上がりに床下の通気のために基礎パッキンを敷いて、その上に角材を基礎から出しているボルトに固定するんですが、私の工房は床下がありません。

基礎の土間コンがそのまま床になります。

ですので床下の通気は不要!

土台の木材を直接土間コンに固定します。

でも、コンクリートの湿気が直接土台に当たるとやっぱりよくないし…。

ってなわけで、こんな風にしてみました。



何?って感じかもしれませんが、土台に使うツーバイ材に、屋根の下地に使うアスファルトルーフィングをタッカで止めました。

これで土間コンと土台の間にアスファルトルーフィングが挟み込まれるので、直接土間コンからの湿気が土台に触れることはありません(たぶん…)。

土台となるツーバイ材にアスファルトルーフィングをタッカで打ち付けた後、基礎に固定するために、ボルトの通る穴を土台に開けます。



12mmのボルトを通すので、13mmのビットを使い、垂直に貫通穴を開けました。

でも、基礎に埋設したプラグアンカーは決して垂直には埋まってません。だからボルトも垂直じゃあない…

なのでボルトをハンマーで叩いて調整しながら土台の材の穴に通していきます。

と、その前に、プラグアンカーにボルトをねじ込んだ時、一応しっかりねじ込んだんですが、念のためにこんなものを注入しました。



ゆるみ止めです。

本当はボルトに締め込んだナットのゆるみ止めみたいですが、プラグアンカーもネジを切っているってことではナットと一緒って勝手に決めて使いました。

染み込んでいってね~。




がっちりきまったボルトを土台に通して、座金をかましてダブルナットで固定。




この土台設置、材に開けた穴にボルトがきちんと通るか不安でしたが、思ってたほど苦労はせず、すんなり作業は進みました。

でも他の用事をしながらだったので、この日の作業は土台の一段目を固定した時点で終了。すっかり暗くなってて、写真は撮れませんでした(ブログ更新も写真撮影も全部iPhoneでやってますんで、暗いと写真は写りません)。

次回は土台の二段目を固定します。



オマケ

うちの子どもたち、作業中には散々邪魔してくれました;^_^A

でも、時々ちゃんとお手伝いもしてくれました。



お掃除中のピィちゃんです。

2分ほどお掃除してくれました^o^

お姉ちゃんのう~あも夕方お掃除手伝ってくれましたよ。
お姉ちゃんはさすがにしっかりやってくれました。

次回もお手伝いヨロシク(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。