スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに工房建築開始…⁉

平成25年3月9日(土)

今年の目標のひとつに、夏までに工房を建てるってことを挙げてました。

が、

早や3月Σ(゚д゚lll)

年度末の忙しさも加わって、月日の経つのが早いことf^_^;)

このままでは目標達成は無理!

でも、追い込まれないとやらないタイプの私^o^

この週末に、ついに工房建築開始するつもりでした。

自宅の建築記録をUPしてたときに、工房建築予定地に土間コンの基礎を打設してもらってるのは書きましたが、その広さは4m×2.5mでした。

が、ちょっと事情があって、工房を縮小することに(T_T)

工房自体の広さを3m×2.5mに変更することにしました。

そのため、土間コンの基礎が1m×2.5m不要になってしまい、不要部分全部ハツるにしても、中に鉄筋が入ってたりして素人には厳しいし、業者さんにお願いするにしても予算が…。

悩みましたが、選択した方法はこちら!



写真手前が不要部分ですが、手前から90cmのところから10cm幅の溝をコンクリートカッターで切ってもらいました。

これで不要部分と分離できて雨水の流入を防げるし、溝のある面を扉にすることで、残してある狭い土間コンと工房の床が面一なので活用できるかなぁと思ってます。

なんといっても、ハツる場合と比べて半額だったのも、この方法を選んだ理由ですが(^ω^)

もしハツったとしたら、そこには小さなウッドデッキを作るつもりでした。


業者さんにお願いして、サービスでこんな穴をあけてもらいました。



ここにはこんなプラグを入れます。



普通なら、基礎にアンカーボルトを埋め込み、そのアンカーボルトに土台を固定しますが、基礎を打設してもらったときにはまだどこに扉をつけるか決まってなかったし、予算の関係でいつ工房建築開始できるかわからなかったので、ボルトが出っぱなしだと危険ですし。

後でこのプラグを使ってアンカーボルトを後付けすればいいやってことで、アンカーボルトは埋めていませんでした。

これは台形部分(コーン)を穴の中に向けて叩きこむことで、コーンとプラグが接している部分を広げ、コンクリートから抜けなくなる仕組み。

ほんとなら化学反応を利用して接着するケミカルアンカーがいいのかもしれませんが、素人がやると失敗しそうですし、小さな小屋だからこれでも十分かなと。

さて、前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、この週末に土台となる木材を買ってきて、防腐処理をしてアンカーボルトに固定するって作業をしようと計画してました。

でもうちの長男ピィが、「土曜日に公園へお弁当持ってピクニックに行こう!」と言うので、日曜日からやり始めるか、と諦めて公園へお弁当持ってピクニックに行ってきました。

黄砂と花粉で目も鼻もムズムズしてましたが、子どもたちは楽しかったようでよかったです(^^)

で、夕方から、職場の同僚にバスケットボールに誘われ、南国市の体育館へ行ってきました。

初めて行くので道迷ってしまい、30分遅れで到着。

37歳の運動不足な私。それでも昔の血が騒ぐのか、スポーツをやり始めると思わず気合いが入ってきます。

この日のメンバーの中で最年長(だと思う)の私がついつい熱が入ってしまい、相手のパスを際どいタイミングでカットしに行ったときに悲劇が起こりました((((;゚Д゚)))))))

相手と接触してしまい、お互い走っていたので勢いあまって激しく転倒。

多分お互いに接触する直前になんとかよけようと、半身になったと思います(こんなときって、なぜかスローモーションのように状況が見えてたりします)。

そのせいか、変な体勢で転倒してしまい、左腕を床についた瞬間

あ、やっちゃった

床に倒れたあと、左肘を押さえた瞬間確信しました。

脱臼です…>_<…

前腕部の骨が肘の後ろにはずれちゃってます。こんな感じに…



幸い、脱臼骨折はなかったんですが、残念ながら工房建築開始は延期です(;^_^A

月曜日に休みを取って、友達の船で釣りに行く予定だったのに…残念。

無事はめてもらったのでじっとしてれば痛みはありませんが、しばらく安静です。




オマケ

公開ダイエット

3月11日朝食後

77.6kg

微減(^^)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。