スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィラ・サントリーニ

平成27年2月11日(水・祝日)


今日は建国記念日で祝日。わが家はみんなお休みでした^o^

建国記念日とは何の日なのか調べてみると…

神武天皇が即位した紀元前660年2月11日に因んだ日だとか。また、大日本帝国憲法が発布されたのも1889年の今日とのこと(Wikipediaより)

そうだったんですねぇ。祝日って、意味わからずにただ単に仕事や学校が休みって感覚でしかなかったけど、ちょっとだけ賢くなりました。

ま、わが家では建国記念日イコール妻のバースデイイブです(*^^*)

ってことで、前祝いでランチに行ってきました。

行き先はお隣の土佐市。

宇佐町竜にある、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島の建築様式を模して建てられたホテル、ヴィラ・サントリーニ。

その中にあるレストラン「ティラ」。





一度行ってみたいと思ってましたがなかなか機会がなく、今日が初めてでした。

席の予約をしており、正午過ぎに到着したときには空いてて、予約必要なかったかなと思いましたがすぐに満席になりました。

予約しててよかった^o^

ここは横浪スカイラインの途中にあり、海に面した山の上ということで、宇佐湾や太平洋が見下ろせて、とても景色が良かったです。




そんな景色を眺めながら、私の注文したのはスヴラキ・コースというギリシャ料理のコース。

まずは前菜とグリークサラダ。



サラダとチーズの相性が良く、美味しかったです。


自家製石窯パンとオリーブオイル。



オリーブオイルとパン、合いますねぇ(*^o^*)

ピィがとても気に入ってました。

写真は4人分です。


そしてメインのスヴラキのザジキ添え。



スヴラキはギリシャ風の串焼きってとこでしょうか。

手前の白いスプーンみたいなのに岩塩が乗ってて、奥の真ん中がオリーブオイル、奥の右側の白い入れ物に入ってるのがザジキ(きゅうり入りヨーグルトディップ?)です。

岩塩はもちろんお肉に合います。

初めて食べたザジキは不思議な味でしたが、なんかギリシャって感じがして、さっぱりしてて美味しかったです。

それとオリーブオイル。これもいいですね。速水もこみちの気持ちが分かりました(o^^o)


最後にドルチェと食後のコーヒー。



抹茶のケーキにコーヒーアイス(食後のコーヒーとは別です)とフルーツがついてます。

この抹茶のケーキがメチャ美味しく、コーヒーアイスにはクラッシュアーモンドが添えられて、アクセントになってて最高でした。


眺めの良いレストランで美味しい料理を食べることができ、幸せなひとときでした。

妻も子どもたちも喜んでくれてたので良かったです。








ちなみに、ホテルは14室あって、サントリーニ島の建築様式のような洞窟型になっています。

写真は撮れませんでしたが、一度泊まってみたいと思えるような外観でした(詳しくはヴィラ・サントリーニのHPをご覧ください)

皆さん、高知にお越しの際は是非一度行ってみてください。

高知龍馬空港から1時間弱、高知駅から50分程度で行けますよ(もっと早いかも)。



オマケ

ホテルの駐車場の敷地内に何かの工房があり、年配の男性が作業中でした。

その工房のそばには…







鎖につながれた大きなイノシシ(爆睡中)と、ロープにつながれた大きな豚が2匹(1匹爆睡中)がいました。

大きな豚もそうですが、生きてるイノシシはほとんど見たことがないので子どもたちも興味津々。

起こさないようにそ~っと見ていました(*☻-☻*)

スポンサーサイト

武家屋敷

平成27年1月25日(日)


昨日は厄除けに行ってたんで、さあ今日は工房建築に取り掛かるぞと思ってたら、長女う~あが、「大川筋の武家屋敷に連れてって」と…。

学校の授業で見学に行ったものの、見学時間が短かったそうで、もっとちゃんと見たいとのこと。

そんなやる気を見せられると、お父さんとしては工房建築どころじゃなくなりました。

というわけで、う~あの同級生とそのお父さんと一緒に武家屋敷へGO!






元は上士であった手嶋家の武家屋敷で、明治以降は花岡家が病院を開業していたとか。作家の大原富枝さんも下宿していたようですが、下宿していた部屋があった敷地はずっと前にすでに売却されていて残っていないようです。

本格的な書院造りの母屋と立派な長屋門(屋敷の中に使用人や家臣を住まわせる長屋を建てていたが、その一部を屋敷の門として開いていたもの。屋敷の門と長屋がくっついたもの)が時代を感じさせます。

門をくぐると、



樹齢300年以上と言われるソテツの木があります。



母屋の脇を通り、古井戸の奥には資料館。












母屋に入ってみると、













子どもたちも興味深く見て回り、管理人さんのお話をメモったりしてました。

武家屋敷だけあって、いろんな工夫がありました。

玄関入ってすぐに2畳ほどの部屋があり、客を吟味してたとか、その部屋は天井が低く、槍や刀を振り回せないようになってたり、安全な客と判断されて客間に通されると、家人は奥の部屋から来るようになっており、客を敬う意味もこめて、家人の部屋から客間に入るところはワザと低くしていて、必ず頭を下げるようになってたり。

武器をもった使用人を控えさせておく部屋もあり、客が変な素振りをすればすぐに飛び込んでこられるようにもなってました。

その他、武家屋敷だからというわけではないですが、長屋門の屋根をよく見ると、真ん中から左右で瓦の向きが逆になってました。これは、台風が多い土佐ならではの工夫で、同じ向きになっていると、一方からの風は受け流すけれども反対からの風を受け流せないので、もし瓦の被害があったとしても、半分だけですむようになっているとのこと。

当時、瓦は非常に貴重だったようです。


また、昔の道具なんかも展示されてました。








この武家屋敷、老朽化もあり、一時期取り壊しの話があったそうですが、有志の働きかけにより、平成8年から4億3千万円かけて改修されたとのこと。

その改修の際にカマドがキレイに作り直されたり、屋敷の梁や垂木なんかの構造材も傷みが激しい部分が切り取られ、新しい材を継いだりしています。



でもできるだけ元の形を再現するように、また、壊れていたところなんかも昔の文献等で忠実に再現しているようです。


子どもたちはあちこち見てメモを取ってました。こうやって歴史や昔の暮らし、生活の知恵なんかに興味を持ってもらえれば嬉しいです。

っていうか、大人2人のほうが職員さんの話に興味深々で楽しんでました^o^

興味ある方は入館無料ですので是非見に行ってみてください。

厄払い

平成27年1月24日(土)


私、今年8月で40歳になります。

数え歳で41歳。前厄ですf^_^;)

ってわけで、徳島県の日和佐にある薬王寺へ厄除けのお参りに行ってきました。

高知市内から海沿いに、室戸市経由で休憩しながら3時間半ほどで薬王寺のすぐそばにある道の駅に到着。





足湯もありましたが利用せず、お昼ご飯を食べて薬王寺へ。



本堂までの四十二段の男厄坂に一段ずつお賽銭を置き、本堂にてお参り。



その後おみくじを引いてみると、



大吉^o^

ここ数年、おみくじで大吉なんて引いたことがなかったような…。

しっかり前厄の厄除けができたかな。

厄除けのキーホルダーも購入しました。



帰りは山の中を通って国道193号経由で高知へ。

香美市に入ったころにはもう薄暗くなってたので、土佐山田町にあるヒビヤレコーズに寄って晩ご飯を食べることに。











かなり古い病院をリノベーションしたお洒落なお店。

昼と夜とでメニューやシステムが変わりますが、昼に日替わりランチとして出ているメニューが、夜は晩ごはんって名前に変わって出ていてそれを注文。



ボリュームもあって優しい味ですごく美味しかったです(*^o^*)

自分の中で、また来たい店のひとつになりました。

おみくじ大吉に美味しい食事で厄除けもバッチリです( ^ω^ )

全日本武術太極拳選手権大会

平成26年7月5日(土)


週末ですが、工房建築は置いといて、今週末は東京に行ってきました。

長女う~あが東京体育館で開催される「第31回 全日本武術太極拳選手権大会」のジュニア太極拳1という部門に出場するため、応援に行きました。

朝9時40分発の飛行機で羽田へ飛び、東京体育館へ12時半ごろ着いて会場見学と練習をしました。







この日は4時半まで練習して解散。

この後ホテルへ行きチェックイン。夕飯を摂るためにホテル近くのイタリアンレストランへ。

ネットで調べて行ってみたのは「ルーチェ」というお店。

JR総武線の飯田橋駅と水道橋駅の近くにあり、目白通りから少し入ったところです。



こじんまりとしたお店ですが、味はかなり良かったです。本当に美味かった。









美味しい食事で満足し、明日に備えて早めに就寝…。



平成26年7月6日(日)


う~あの出番当日。

朝8時から体育館外で準備運動や練習をし、9時の開場後に体育館のサブアリーナへ先生が引率してくれ、私たちは観客席へ。

しばらくすると先生から電話が…。

「NHKからインタビューされることになったんですが、TVに出ていいですか?」とのこと。

ビックリしましたが、特に断る理由もないので…。


そんなこんなでいよいよ出番です。

うちの娘のエライところはこんな大舞台でも全く緊張しないところ。

しかも今回は高知からもうひとり一緒に出てたんでリラックスしてたようです。





ジュニア太極拳1の女子の部は15歳以下の女の子が27名エントリー。

年齢で分けてるのかわかりませんが、2組に分かれて、その中で2人ずつ競技がおこなわれます。

みんなの年齢はわかりませんが、うちの娘は小学3年生なので、1組目(多分学年が下の子たちのグループ)に出場。その中でも周りと比べて小さいです。

ちなみに2組目は明らかに体格が違う子たちばかりでした。

順番に表演が進み、う~あの出番です。







こんな大舞台でも落ち着いてしっかり頑張りました。

ピィも応援しましたよ。



お尻のプリプリした感じが私にソックリです。



1組目が終わった時点でう~あの得点は3番目。

2組目は多分学年がもっと上の子ばかり。やっぱりみんなすごく上手。

感心しながら見てました。

そして全員の表演が終わり、結果を見てみると、なんと!う~あが10位に‼︎

本当によく頑張りました(*^o^*)

先生も褒めてくださり、理事長さんは涙が出そうになったとおっしゃってくださいました。

当の本人はと言うと…

「NHKにインタビューされたぁっ!TVに映るぅっ!*\(^o^)/*」

そっちかっ( ̄O ̄;)

ま、なにはともあれ結果が残せて良かったです。

お昼ごろ体育館を出て、最終便の飛行機で帰る予定だったので、それまでスカイツリーへ行くことに。

途中、浅草を歩いているとスカイツリー&う◯こビル(失礼)発見。



この後携帯電池切れで写真は撮れず。

スカイツリーに着いて昼食を摂り、上まで上がれるかなぁとおもったんですが、さすがに甘かった。

昼食後、係員さんに聞いたら、16時からの整理券を配ってるって言われ、飛行機に間に合わなくなるから断念。

結局スカイツリーにある水族館に行き、その後お土産を買ってバスで羽田へ。

その後無事帰り着き、ピィに感想を聞くと、

「飛行機とホテルが楽しかった」

とのこと。

よかったよかったf^_^;




ロマン号でテンヤ&カワハギ釣り

平成26年4月5日(土)


新年度が始まりました。

先週末は年度末の仕事の追い込みや職場のレイアウト変更で休日出勤したり、春休みの子どもたちをどこにも連れて行っていないので、徳島にいるう~あの幼稚園時代の同級生家族と、う~あの幼稚園と小学校の同級生家族とで高松にアイススケートをしに行ったりで、工房建築はお休みしてます。

先週末は雨だったので、元々工房建築は無理でしたけどf^_^;

さて今週末は!

タイトル通り、釣りに行ってきました。

釣り好きなんですが、1月以来の釣りでした。

今日は、3月まで同じ職場だったY先輩と一緒に、「いまいや」こと、フィッシング今井のロマン号にて、テンヤ&カワハギ釣りに。

今回の釣り、急遽昨日決まりました(o^^o)
Y先輩と話してて、カワハギシーズンももう終わりが近く、前から、カワハギの刺身を肝醤油で食べたいと言っていながら今年もカワハギ釣りに行けなかったなぁなんて言ってたら、Y先輩に「明日行こうや」と誘われ、急遽決定。

私、人生で一度だけカワハギの刺身の肝醤油和えを食べたことがあるんですが、それが美味くて笑っちゃうくらいでした。

で、また食べたいと思い続けて早や3年。

カワハギシーズンも終わり間近で、少しずつテンヤで真鯛が上がり始めてることもあり、カワハギと真鯛の両方狙うことに。

専用の道具は持ってないので、Y先輩に
道具を借り、朝5時半ごろロマン号出航!



途中、テンヤ用の活きエビを調達するため寄り道。






そしてロマン号は桂浜沖の通称「砂捨て」と呼ばれるポイントへ出発。

桂浜の土産物屋さん等を通り過ぎ、浦戸大橋もくぐり抜け…





坂本龍馬も見送ってくれました(o^^o)



ピンボケですが、どこに龍馬さんがいるかわかります?

ここですよ^o^




龍馬さんのお見送りを背に、水深30数mのポイントへ。



ポイントに到着し、私たちはテンヤから始めることに。

調達した活きエビをテンヤにセット。



真鯛を釣るぞと意気込んで釣り開始。


でも、エビだけとられた状態で、当たりも感じることなくテンヤだけがあがってきます。

すると周りでは、常連さんがカワハギを釣り上げ始めました。

どうやら餌取り名人のカワハギに、コッソリ食べられていたようです。

そこで私たちもカワハギ釣りに変更。

さあ釣るぞ!…と思い頑張るも、全く釣れません(T_T)

周りではポツポツあがってるのに…。

カワハギ釣りがこんなに難しいなんて思いませんでした(ただの下手くそでしょうけど)。

そんな中、釣り開始1時間半でようやくヒット!

カワハギ♩カワハギと思いながらあげてみると…キタマクラでした(ショックで写真も撮り忘れました)。

そうこうしてるうちにようやく本命のカワハギGET(^o^)/



その後、アタリがあるも掛けられず、掛かったと思ってもあげてる途中でバラしたり。

常連さんたちは順調に釣り上げてる中、私には静かな時間が流れてました;^_^A

途中、船頭さんがテンヤで真鯛を釣り上げたのを見て、私もテンヤに再チャレンジ。

で、釣り上げました(o^^o)



チャリコ(鯛の子)ですが真鯛です。

テンヤで釣れたのは結局これだけ。

カワハギ仕掛けで最後のほうにコツを掴みかけ、2枚連続で追加したけど、結局釣果はカワハギ5枚にチャリコ1匹f^_^;



軽いテンヤでゆっくり沈めてると、エサのエビを着底前にカワハギに全部取られ、重いテンヤで底に沈めても、底でカワハギが取って行くくらいカワハギの活性は高かったのに…。

常連さんは40枚も50枚も釣ってたので、いかに自分が下手くそなのかがわかりました。

でも釣れたので、夜は念願のカワハギの刺身を肝醤油で(((o(*゚▽゚*)o)))



カワハギ捌くの初めてなんで、うまくいくかなぁと思いながら、まず頭の後ろに胸ビレあたりまで切れ込みを入れ、



頭を引きちぎります。



すると頭のほうに内臓がついてくるので、大事な肝を傷付けずにすむとのこと。

頭のほうに見えてるのが肝です。

慎重に肝を取り出して、



出てきました。

肝の横にある黒い丸いものの下の黄色いやつ。

苦玉というようで、潰すと苦い味がつくとか…。

潰さないように取り除きます。

肝を洗って日本酒に10分ほど漬け、軽く湯通しして氷水で冷やし、包丁で叩きまくって肝の準備完了。

写真撮ったのに間違えて消しちゃいました(苦笑)

身のほうは、背ビレの近くの皮の端っこの皮にに少し切れ込みを入れ、カワハギの名の通り、皮をベロンと剥ぎました。



初めてでしたが面白いくらい簡単に剥げます。

三枚におろして、



あんまり上手ではないですねf^_^;

中骨を避けるように、背と腹の身を薄皮から分離(o^^o)



腹側の身を確保したとこです。


その後、身を削ぎ切りにして器に並べ、肝を器の真ん中に盛り、さあ食べるぞ!

…って思ったら、我が家のエサ取り名人2人(う~あとピィ)があっという間に…。

私もなんとか5切食べることができましたが、うちの子たちの刺身好きには驚かされます。丸呑みしてるんじゃないかってくらいのスピードです。写真も撮れんかった…

少しでしたが(悲しい…)、念願のカワハギの刺身を肝醤油で食べることができ、その美味さにまたまた顔がニヤついてました。

もうカワハギも肝が小さくなり、シーズン終了なので、来シーズンはもっとたくさん釣って、満喫したいと思います。


最後に、前日飲み会だったので、今回の釣行の送り迎えしてくださったY先輩、本当にありがとうございました。

また行きましょうね。

全国大会

平成25年4月6日(土)

長女う~あが武術太極拳(カンフー)をちゃんと習い始めてちょうど1年が経ちました。

4月6日・7日と、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で、第21回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会(全国大会)があり、う~あがジュニア太極拳1という部門に出場しました。




昨年末に先生から出場してみないかと言われ、う~あは「全国大会で兵庫県」=「旅行!」って感じで即答で出場表明(;^_^A

とりあえず年明け最初の練習日まで保留にしてましたが、う~あの「旅行」に対する決意は変わらずエントリーすることに。

今まで太極拳はほとんどやってなかったので、3ヶ月ほどの練習期間しかありませんでしたが、定期練習の時間前後なんかに先生や理事長先生に見てもらったおかげでドンドン上達^o^

真剣な顔して練習している姿には感心しました。

そしていよいよ本場当日。

各都道府県からいろんな部門に総勢800人を超える選手が参加。

沢山の人で受付も混雑…(;^_^A




全国各地から沢山来てましたが、実は高知県からの出場はう~あだけ(゚o゚;;

すごく不安でしたが、いつも指導してくださっている先生が帯同してくれたおかげで心強かったです。


う~あの出るジュニア太極拳1の女子の部は36人がエントリー。

それにしてもさすが全国大会。

みんなの目つきは真剣そのもの。

普通、小学校低学年の子どもたちが何人も集まれば、たいてい走り回ったり騒いだりするものですが、小学校低学年の子も中学生も、みんな黙々とストレッチをしたり真剣に表演内容を確認したりしてたし、何よりみんな軟体動物のような柔らかさΣ(゚д゚lll)

選手のオーラはもちろん、会場の雰囲気も昨年夏に出場した中四国大会の比ではありませんでした。

う~あは雰囲気に呑まれてないか心配でしたが、周りに刺激されたのか、う~あもしっかりストレッチや表演内容のチェックをしてました。




出番が近くなったので表演服に着替え、サブアリーナで最終チェック。




そして本番。


二人ひと組での表演で、う~あは前半の組の7番目でした。

いよいよ出番。



一緒に表演する子は明らかに体格が違います。

後で知ったんですが、強化指定選手になっている中学生で、素人が見ても確かに上手。

その子は表演内容を少し間違えたにもかかわらず、2位に入るぐらいのすごい子でした。

表演中はそんな子とは知らなかったんですが、いかにもといった雰囲気のその中学生と比べられるう~あはどうなるんだろう…と心配してましたが、この種目に出場した選手の中でも一番小さいぐらいのう~あは堂々とした表演o(^▽^)o

ビデオ撮影に必死で写真は撮れませんでしたが、ビデオ越しに見てもチョット感動しました。

結果は36人中19位と、さすがに入賞はできませんでしたが、自分より大きなお姉ちゃんがほとんどの中でよく頑張りました(((o(*゚▽゚*)o)))





順位表を見てて、う~あより上位に、中四国の選手が1人いることがわかりました。

それを聞いたう~あは、「その子に勝てば中四国で優勝できる?」と聞いてくるなど、次の目標ができたようでした。

夏は中四国大会へ「旅行」に行くことになりそうです^ ^



この日は爆弾低気圧の関係で、帰りが不安でした。

本当なら、せっかく兵庫県まで来たんだからどっかで遊んで帰りたかったんですが、天気の関係で淡路島へ渡ることができなくなったらいけないので急いで帰路にε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

幸い大したことはなく、無事にとりあえず淡路島へ渡れたので、チョット観光。

淡路島の夢舞台へ寄ってきました。







こんな珍しい花が咲いてました。



ドラキュラっていうんですね。

親指と人差し指をくっつけて丸を作ったぐらいの小さな花でした。

猿が中にいるみたい^o^



この後の帰り道も特に爆弾低気圧の影響はなく、無事に帰り着きました。

う~あお疲れ様でした(^ ^)

新春初釣り

平成25年1月6日(日)

今年の釣り初めに行ってきました。

ほんとの釣り師なら元旦に磯や船上で初日の出を拝むんでしょうけど、私の場合はいつもの早朝堤防釣り。

さあ、新年を占う初釣り、大爆釣で飾りたいとこでしたがどうも潮がイマイチ…。

それでもお目当てのアジを狙っていつもの突堤へGO(^o^)/

先客のおじさんから最近の情報を聞き込み。

「最近何が釣れてますか?」

「ウルメが回ってきだしたけど、あんまり釣れん」

「アジはどう?」

「釣れてないねぇ」


∑(゚Д゚)

いきなり期待薄!

それでも初釣り開始。

少しすると海中にキラキラ光る魚影が…。

ウルメが回ってきた!

けど釣れん(T_T)

3回ほと群が回ってきたけど1匹かかったのがバレてしまい釣れず。

ウルメ釣るには仕掛けが大きすぎたんで仕方がないけど、さっきのおじさんも4匹しか釣れず…。ほかの釣り人も1~2匹程度。

2時間ほど竿を出しましたがその後アタリもなく、諦めて片付け始めたとき、仕掛けを投入後、放置してた竿が動いてるので見たらウキが沈んでる!

しかも糸の行き先が突堤の切れ目の中へ。

根魚が針をくわえて逃げ込んだようです。

慌てて竿を立てると狭い隙間に糸が入りこんで動かない。

何度か引っ張り出そうと試みて、なんとか引きずり出しました。

釣れたのはコイツ。



小さなメジナ。コッパグレって呼んでます。

夏場は磯臭いやつですが、冬場は臭みもなくなるので持って帰り、美味しくいただきました(^o^)

新春初釣り、ボウズじゃなくてよかったです。

ま、釣ったというより釣れたってとこですけど…f^_^;)



この日はなんと、昼からまた釣りに行ってきました。

もともと、小学校のときの同級生親子と私とうちの子2人で昼から釣りに行く予定だったんです。

でも、チビっこ連れだと自分がなかなか釣りにならないんで、先に早朝に自分だけ楽しんでおこうとしたんですよ。そんなことするからあわやボウズなんてことになったのかも(笑)

ただこの日はほんとにダメダメで、昼からの釣りでは1時から4時半まで釣って、私たちも、同級生親子もボウズでした(ToT)

子どもたちは釣りそっちのけで遊んでたんで、親が真剣に釣ってこの有様。

なんか非常に疲れた1日でした。

次の週末は早朝リベンジしてきますよ(^o^)




オマケ

新年の抱負に書いたとおり、公開ダイエット開始です。

あの記事書いたあと、1月5日の夕食後体重計ったら、なんと!

79.9kg!!!!!

正直目を疑いました(◎_◎;)

過去最高記録です。しかも学生時代と違い、筋肉よりぜい肉が多いだろって状態。

さあ、公言したとおり、こっから夏までに、無理せず70kgまで落としていきますよ。

乞うご期待!?

釣り納め

平成24年12月28日(金)

この日は仕事納めでした。

が、有休取って釣り納めに行ってきちゃいました(^o^)

前日頑張って仕事して、自分なりに仕事納めをしてこの日に備えました。

中学高校の同級生のキャプテンY所有の船に乗せてもらい、土佐市宇佐沖へ行く予定でワクワクしながらも、夏に宇佐沖へ出て船酔いで釣りにならなかった苦い経験も頭をよぎり、心配しながらも当日を迎えました。


なんで雨なんじゃあっ!


しかも風もあって、波の予報は1.5mのち4m(T_T)

キャプテンYと話し合い、せっかく楽しみにしてたんだから行くだけ行ってみるかってことに。

キャプテンYの愛船「とびうお号」にていざ出航!



魚探付きのとびうお号。夏に宇佐沖へ出たときよりさらに沖のポイントへ。

雨は小雨で思ったほど風も波もないものの、潮の流れは少し早めでした。

ポイントに到着し魚探をチェック!

生体反応なし(゚o゚;;

それでも回遊してくる青物を狙い、パラシュートアンカーを投入してジギング開始!

う~ん…

当たりなしf^_^;)

ポイントを移動してジギングするも、キャプテンYにエソが2匹来ただけ。

その後、テンヤ釣りしたりジギングしたりいろいろやってみましたが、お目当ての青物やハタ系の魚は釣れず。

お昼前から波も高くなり、風も雨も強くなってきたので1時納竿。

結局釣果は、キャプテンYが鯛1匹、ガシラ1匹、エソ2匹(リリース)。私がガシラ2匹、ベラ1匹(リリース)、エソ1匹(リリース)。



せっかく沖へ出たのに釣果がイマイチだったのでYが鯛とガシラをくれましたm(_ _)mありがとう。

年末の刺身、年始の鍋用の魚をGETできなかったのは残念でしたが、鯛は小さいけど刺身にして、鯛のアラでダシを取ってちよい鍋も作り、ガシラは3枚におろした後、頭や骨のとこは3度揚げして、身も1度揚げで唐揚げにしてすべて美味しくいただきました( ^ω^ )

来年こそは念願の青物(ネイリが私の本命)をGETするぞ!

それでは皆さんよいお年を♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪




リンクにえむん24さんの「装飾ダンボールクラフトを広めよう」を追加しました。
来場者数
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。